私たちについて|高級校旗専門店 極

私たちについて

About us.

コンシェルジュとは

お客さまの笑顔のために

お客さまの笑顔のために

校旗を作る時にはインターネットでのやりとりはどうなんだろう?と不安をかかえていらっしゃる学校関係者様

 

極-校旗-では、あなたの大切な学校の校旗をどこよりも丁寧に依頼者様の想いをしっかりお伺いしお作りいたします。

 

  • どこの業者で作ったら良いのか迷っています。
  • 伝統を残せる校旗は作れますか?
  • これまでの校旗と同じような校旗は作れますか?
  • 校旗の制作にはどのくらいの価格になりますか?
  • 現在使っている校旗は修理できますか?

不安なところをお聞かせください。

お客様の笑顔のために

関東周辺の学校様にはご訪問にてご相談を承ります。

遠方であれば細かくご納得のいくまでご説明をさせていただき、お電話やメールにてご相談をお受けいたします。

 

最終的には「良いものが出来て良かった」というお客さまの笑顔のために私共は不安の無いようご相談、サポートをいたします。

 

共に良いものをつくりましょう。

納得していただきましたら、極-校旗-に制作はお任せください。

これ以上にない極上の旗をあなたのために職人が心を込めてお作りします。

長年の経験を活かしたアドバイス

長年の経験を活かしたアドバイス

校旗は学校の象徴であり、学校にただひとつの大切な宝です。
お客さまがその大切な校旗を作ることは、一生に一回かもしれません。

 

学校の代表として校旗を作る責任は重大ですね。
校旗は高級品なので絶対に失敗したくないものです。

 

校旗を作ろうとなったとき、お客さまはたくさんの不安をかかえていらっしゃいます。

初めて作る校旗をどこに依頼したらよいかわからない。
高価なもので、失敗はできない。
慎重に選びたい。
ここに頼んで大丈夫なのか。

下絵

私どもは、この不安を解消するためにお電話やご訪問でご要望やご心配な点をじっくりとお話しをします。

 

私どもがお客さまの想いとご要望を旗工場に伝え、橋渡しをいたします。
長年の経験からのアドバイスができるよう旗工場と密着した関係を築いています。

 

一枚の旗が仕上がるまでには経験豊富な職人さんと相談しながら進めていき高い技術を持つ職人さんの技で、美しい旗に仕上がっていきます。

ご要望にそった校旗の提案

ご要望にそった校旗の提案

私どもはこれまでさまざまなお客さまに校旗のご相談をお聞きし校旗を作成してまいりました。
お客さまははじめて作る校旗にとまどいを持ってご相談のお電話をくださいます。

 

「他の旗屋さんにも電話したのですが、専門的なことを聞かれてわからなくて・・・」

 

旗屋さんによっては、ある程度決まっていることがあればお尋ねしたいという意図で聞かれたことだと思いますが、お客さまは「それがわからないので電話したのに・・・」
という印象だったようです。

手刺繍

「高級校旗専門店 極-校旗-」では、はじめて校旗を作成する方にもわかりやすく説明をいたします。
校旗はどうやって作ってよいのかはわからなくても、難しいことはわからなくても大丈夫です。

 

「高級校旗専門店 極-校旗-」の旗工場はプロの職人さんの集合体です。
専門的な旗工場の職人にお客さまのご要望を私どもがお伝えします。

 

旗のコンシェルジュは旗工場とお客さまを繋ぐ役割をいたします。

校旗の刺繍

極-校旗-で制作いただく校旗はあなたの学校だけのためにこの世に一つしかない完全オーダーメイドの特別な校旗です。

 

打ち合わせや職人の手の空き具合、刺繍のボリュームにより、かかるお時間がその都度変わります。総手刺繍の場合は2~3ヵ月程度必要になる場合もございますのでお日にちに余裕を持ってお申し込みください。お一つお一つを丁寧にお作りしますので、時間も費用も掛かりますが、職人が創る、品質に間違いない校旗をお届けいたします。

 

まず大切なのは、お客さまと私どもの信頼関係と思っております。お客さまのご意向をくみ取り、求められている校旗をご提供できるよう、あらゆる方法を考え、ご提案し全力で応えてまいります。

 

今までの校旗の想いを引き継ぎ、学校関係者様の想いを込めたものをお作りいたします。子供たちのハレの日にふさわしい良いものをご検討ください。

極-校旗-では職人の技を駆使して本物の旗をお納めいたします。

INTERVIEW 旗のコンシェルジュ×旗のスペシャリスト

コンシェルジュ紹介

コンシェルジュ紹介

100年程前の校旗を新しく作り直したいとご相談をいただいたことがございます。
「何件も旗屋さんに電話をしましたが、旗が古過ぎてデザインがはっきりと見えないとの理由で、断られ続けているのです」とたいへんお困りでした。

このような場合でも「極-校旗-」では何か方法があるはずと考え、ご希望に沿うことはできないだろうかと詳細をお聞きし、できる限りの方法でご提案をしております。

 

この場合は、古くなった校旗を見ても、元のデザインが判断できませんでしたが、在りし日の写真を見せていただき細かいところは想像でデザインを起こし、刺繍で表現が難しい部分はアップリケの仕様などで代用し、古い旗を甦らせることができました。

 

お客さまからは「最も素晴らしい案を提案してくれたおかげで校旗を再現することができました!たいへん美しい仕上がりでここまでできるとは正直思っていませんでした。学校関係者一同喜んでおります!」と喜びのお声をいただきました。

 

また、別の学校さんからPTAで校旗の新調の話があるのだが古い方が良いという人もいれば、ボロボロなので新しく作った方が良いという意見も出てなかなか話がまとまらず困ってしまい、プロに聞いてみよう。ということになりご相談のお電話をいただいたことがございます。

訪問させていただき旗を拝見しましたところとても高級な校旗でしたが、生地の傷みも激しく修理には難しい状態でした。その場でPTAの役員の皆様にご納得いただけるよう細かく説明をさせていただきました。

 

後日話し合いの上、せっかく80周年なので校旗を新調しよう。とご依頼いただくことになりました。

PTA会長からは「プロに見てもらえて、相談にのってもらうことができPTA役員にも納得いただき皆が安心して新しく校旗を作ることができました。」と喜んでいただけました。

 

「極-校旗-」ではお客さまのご意向をくみ取り、求められている校旗をご提供できるよう、あらゆる方法を考え、ご提案し全力でお応えいたします。

~旗のコンシェルジュ 西松明美 プロフィール~

大阪府生まれ
短大卒業後、保育士として大阪市内の保育園に勤務

 

1991年記念品、旗販売会社に入る
2000年業界初、旗のインターネットショップをオープン
2006年東京営業所所長就任 関東圏での販路開拓を行う
学校、企業、宮内庁など数々の旗や記念品製作を手掛ける
2016年オリジナル旗専門店 ハタメク OPEN
https://hatameku.jp/
2017年高級校旗専門店 極-校旗 OPEN
https://kiwami-kouki.com/

コンシェルジュ西松からのごあいさつ